SSRI徹底比較 抗うつ薬はどれを選べばいい?

日本で認可されたSSRIは4種

現在日本で認可されているSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は1999年発売のルボックス(デプロメール)、2000年発売のパキシル、2006年のジェイゾロフト、そして最新となる2011年発売レクサプロの4種類となっています。

これらの薬はすべて、減少する事によって不安や恐怖が増幅するセロトニンの吸収を抑え、脳内のセロトニン濃度を高めるための薬という点で共通しています。

しかし成分はすべて異なっており、効き目や副作用の強さ、出方に違いがあり、一概に「どれが一番良い」とは言えず各々が自分に合った薬を選択する事になります。

では早速効果や副作用の強さ、薬価など細かく分けて比較していきたいと思います。

SSRIの効果の高さを比較

SSRIの効果の高さというのは使う方によって変わってくるのであくまでも「一般的に」という前提で話を進めます。

SSRIは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という名が示すように脳内でセロトニンの再取り込みを阻害しセロトニン濃度を高める事に特化した薬で、単純にこの効果のみでの強さを量るなら最新のレクサプロという事になります。

なぜならレクサプロは他のSSRIに比べ本来の効果を追求した薬だからです。

他のSSRIは若干ながらノルアドレナリンやドーパミンの再取り込み阻害効果があり、言うなれば第三世代の抗うつ薬であるSSRIを名乗りながら、第四世代の抗うつ薬であるSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の効果も少しあるのです。

つまりセロトニンへの作用のみに効果を集中させているレクサプロに対し、他のSSRIは若干ながら別の神経伝達物質にも作用している事になります。

ただ、ノルアドレナリンやドーパミンは意欲を高め快楽をもたらす成分で、心の病においても重要な物質になるので、これらに作用し濃度を高める事の良し悪しは結局人によりけりとなってしまいます。

こういった面も総合的に勘案した効果の高さは、日本で一番使われている抗うつ薬であるパキシルに軍配が上がるでしょう。

2番目に新しいジェイゾロフトは効果や副作用がマイルドであり、絶対的な効果の高さはレクサプロやパキシルには劣りますが、角が取れている分万人が受け入れやすく使いやすい薬といえます。

ルボックス(デプロメール)は一番古いSSRIとあって今となっては効果の割に副作用が強めといった印象が強くなっていますが、これも症状や相性などによっては最良の選択になり、ここからもSSRI選びの難しさが見て取れます。

SSRIの効果の高さを比較

SSRIの効果の高さというのは使う方によって変わってくるのであくまでも「一般的に」という前提で話を進めます。

SSRIは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という名が示すように脳内でセロトニンの再取り込みを阻害しセロトニン濃度を高める事に特化した薬で、単純にこの効果のみでの強さを量るなら最新のレクサプロという事になります。

なぜならレクサプロは他のSSRIに比べ本来の効果を追求した薬だからです。

他のSSRIは若干ながらノルアドレナリンやドーパミンの再取り込み阻害効果があり、言うなれば第三世代の抗うつ薬であるSSRIを名乗りながら、第四世代の抗うつ薬であるSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の効果も少しあるのです。

つまりセロトニンへの作用のみに効果を集中させているレクサプロに対し、他のSSRIは若干ながら別の神経伝達物質にも作用している事になります。

ただ、ノルアドレナリンやドーパミンは意欲を高め快楽をもたらす成分で、心の病においても重要な物質になるので、これらに作用し濃度を高める事の良し悪しは結局人によりけりとなってしまいます。

こういった面も総合的に勘案した効果の高さは、日本で一番使われている抗うつ薬であるパキシルに軍配が上がるでしょう。

2番目に新しいジェイゾロフトは効果や副作用がマイルドであり、絶対的な効果の高さはレクサプロやパキシルには劣りますが、角が取れている分万人が受け入れやすく使いやすい薬といえます。

ルボックス(デプロメール)は一番古いSSRIとあって今となっては効果の割に副作用が強めといった印象が強くなっていますが、これも症状や相性などによっては最良の選択になり、ここからもSSRI選びの難しさが見て取れます。

副作用の強さでSSRIを比較

次に、ある意味一番気になるであろう副作用について比較していきます。

これも人によって現われ方が大きく異なるのであくまでも一般論での比較となりますが、副作用の強い順に並べていくと以下のようになります。

  • ■強い  パキシル>ルボックス>レクサプロ>ジェイゾロフト  ■弱い

パキシルは効き目が強い分副作用も強めであり、合う合わないがはっきりと分かれます。

私自身はパキシルを2年ほど使ってみて特にこれといった副作用は感じませんでしたが、吐き気などが強く使用を中断する方も多い薬となっています。

どのSSRIもセロトニンの吸収を阻害するという効果であるためか、副作用の内容に関してはどれも似通っており主な副作用は以下のようになります。

  • ■めまい
  • ■頭痛
  • ■吐き気
  • ■口が渇く
  • ■食欲不振
  • ■睡眠障害(眠気、不眠)
  • ■性機能障害

この中でも特に辛いとされるのが「吐き気」で、SSRIを服用し始めた方の多くがこの副作用を感じますが、吐き気や頭痛、口が渇くといった副作用は2週間程度で収まってくる場合が多く、それを乗り越えればこれらの副作用は気にならなくなります。

一方で飲み続ける限り付いて回るのが性機能障害と眠気などの睡眠障害で、特に性機能障害の副作用が出やすいジェイゾロフトやレクサプロはこれを理由に薬を代えてもらう方も多くなっています。

ただ、先ほども書いたようにこれらはあくまでも「出やすい副作用」であって、私のように副作用をあまり感じない方もいらっしゃいますし、主要な副作用は感じないが珍しい副作用に悩まされる方もいますから、結局は「飲んでみないと分からない」となります。

「副作用が出る」「副作用が怖い」と思い込んでしまうと、それだけで体調が悪くなりますから、副作用を過剰に恐れるより効果によって心の病が改善される事への期待を強く持つべきと私は考えます。

SSRIを薬の価格(薬価)で比較

薬は種類によって価格は様々でSSRIも例外ではありません。

ここでは4種のSSRIの薬価を比べてみたいと思いますが、薬によって成分の含有量が異なるので、薬を強さで並べる「等価換算」から同一の強さで価格がどの程度違うかを比べてみたい思います。

ルボックス パキシル ジェイゾロフト レクサプロ
75mg 85.7円 20mg 175.3円 50mg 175.9円 10mg 218.1円
150mg 171.4円 40mg 350.6円 100mg 305.4円 20mg 436.2円
(2015年10月現在)    

古い三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬に比べ薬価が高めのSSRIですが、表を見ても分かるようにルボックス(デプロメール)が圧倒的に安く、パキシルジェイゾロフトが同じくらい、レクサプロが頭1つ抜けて高い事が分かります。

一番高いレクサプロを1日の最大量である20mgで1ヶ月服用すると、健康保険で3割負担になる事を考えても4,000円ほどかかる事になり、診察料なども含めると決して安くはない額になってしまいます。

こういった事から症状や薬の効果が安定しているなら個人輸入で格安のジェネリックを購入する方法もありますので、興味のある方は検討してみても良いでしょう。

ただし、抗うつ薬は用法用量や服用方法を間違えると非常に危険な薬なので、医師の判断を仰がない自己判断による服用や増薬は極力避けて下さい。


辛い心の病を治す抗うつ薬

あわせて読みたい関連記事